上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rougan.jpg

いつから老眼鏡なんて掛けるようになったんだろう?
自分のことに精一杯で
母さんが年取っていくことなんて
気にもとめやしなかった。

今からどれくらい親孝行できるかな。
いつも心配ばかりかけてごめん。

100円の老眼鏡。
笑顔の母さんによく似合う。

にほんブログ村 写真ブログへ
↑気に入った写真がありましたらクリックお願いします。励みになります。
スポンサーサイト

Comment


文芸雑誌の1ページのようですね。100円の老眼鏡には見えません。

そういえば、いろんな人と出会っていくうちに、だんだん家族以外の人にばかり目が行ってしまい、随分後になってから身内の変化に気がつくことがありました。

>風舞さん
有難う御座います。
家族は居て当たり前で…いい意味でも悪い意味でも空気の様な存在で…忘れてるのではないけれど、ふと見えなくなっている様なそんな感じが時々します。大事な家族。近すぎて見えなくなっているものを老眼鏡で見てみるのもいいかもしれませんね。

コメントありがとうございました。
素敵なブログですね。^^

この“言の葉”にポッチン♪


>雅陽さん
いらっしゃいませ^^
有難う御座います<(__)>

またいらして下さいね♪

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。